観葉植物はレンタルやリースで決まり!? オフィスやお店の緑を考える

オフィスやお店にとって重要なものがその環境ですよね。
特に「働きやすさ」と「来客の印象」を考えると、ただただ必要最低限なものがそろっていればいい、というわけにはいきません。
そうなってくると、ぜひ欲しくなるのは観葉植物。

とはいえ、観葉植物は、インテリアとはいえ生き物ですので、中々手入れも難しいですし管理も大変。
そこでお勧めしたいのが、観葉植物レンタルや観葉植物リースなのです。
つまり、買わずに借りてしまおうというわけです。

観葉植物レンタルやリースのメリット

もちろん業者によって若干の差が出ますが、観葉植物のレンタルやリースのメリットはこんな感じです。

葉っぱがいつも青々としている

自分で手入れをすると枯らしてしまったり、また長い時間おいていると色が悪くなったりしますよね。
もうそれは、ある意味そこにあるだけで逆効果。
でも観葉植物のレンタルやリースならばそんな心配はありません。

手入れの心配がない

観葉植物には、いつこういう手入れをするとか、水やりはいつどれくらいだとか様々な手入れが必要です。
しかし、これが観葉植物のレンタルやリースだと、手入れの方法をしっかりと教えてくれたり、定期的にメンテナンスしてくれたりと、そこに頭を使う必要がありません。
もはやそうなれば、観葉植物は普通のインテリアです。

いろいろなものが選べる

観葉植物を買うとなると、予算や手入れの簡単さ、そして好みなどで選択肢はぐんと狭くなります。
しかし、観葉植物のレンタルやリースなら、そんな心配はありません。
というのも、予算は購入ではなくレンタルですからぐんと抑えられますし、手入れの心配はなく、また同じものをずっと置いておくならば好みを追求した方がいいですが、交換もできるので気分で選んでOKです。

観葉植物レンタルやリースのデメリット

買うより高い
もちろん、何度も観葉植物のレンタルやリースを利用すればそれは買うより高くはなります。
しかしそれは、最初に買った観葉植物をずっときちんと手入れし続け、同じものがあることに飽きることなく、しっかりとした管理のもと元気なままで置いておくことが条件。
枯れた観葉植物や、薄汚れた植木鉢をずっと置いておくのと比べての話ではないのです。

デメリットで思いつくのはそれくらいです。
むしろそれも、デメリットと呼べるかどうかは、微妙ですね。

 

観葉植物のレンタルやリースは環境の強い味方

気持ちよく働けて、気兼ねなくお客様を呼べる。
そんな当たり前にそうでなければいけないオフィスに、なっていないオフィスやお店は結構多かったりします。
しかも、緑があるというのは、会社やオフィスのイメージにもつながるものです。
観葉植物のレンタルやリース。
使わない手はない、そう断言してもいいでしょう。

観葉植物レンタル・リースを大阪、神戸、京都、奈良などオフィスにご提供

関西一円(大阪、神戸、京都、奈良)にお届けいたします。
  • 大阪府:大阪市中央区(谷町、天満橋、北浜、淀屋橋、本町、南船場、心斎橋、千日前、難波、森ノ宮)、北区(梅田、堂島、北新地、曽根崎新地、中之島、芝田、茶屋町、角田町、南森町、西天満、東天満、天満)、西区(四ツ橋、阿波座、肥後橋、江戸堀、土佐堀、新町、北堀江、南堀江)、天王寺区(上本町、鶴橋)、都島区(京橋)、淀川区(新大阪、西中島南方、十三)、東淀川区、西淀川区、福島区、浪速区、阿倍野区、西成区、生野区、東成区、城東区、鶴見区、旭区、此花区、港区、大正区、住之江区、住吉区、東住吉区、平野区、吹田市、豊中市、茨木市、箕面市、池田市、高槻市、摂津市、枚方市、寝屋川市、交野市、守口市、門真市、四条畷市、大東市、八尾市、東大阪市、藤井寺市、河内長野市、堺市、岸和田市
  • 兵庫県:神戸市中央区、東灘区、灘区、尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市、三田市
  • 京都府:京都市上京区、左京区、中京区、東山区、下京区、南区、右京区、伏見区、八幡市、久御山町
  • 奈良県:奈良市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、田原本町